反射光トラブルを予測できる「リフレクさん」新発売

リフレクさん(ReflecSun)は、太陽光パネルの反射トラブルを、現場ですぐに予測できる装置です。
必要最小限の情報を入力後、屋根の上から写真を撮り対象の窓を指定するだけで、設置予定の太陽光パネルからその窓への反射光の有無を計算することができます。屋根に上ってから数分足らずで結果を確認可能。PCなどとの連携は不要です。

 反射光害についての解説(太陽光発電の導入を考えている施主様向けページです)

リフレクさんの特徴

1.コンパクトな本体

リフレクさん本体は作業着の胸ポケットに収まるほどのコンパクトさ。手軽に持ち運べます。

2.簡潔な入力画面

操作画面はすべて日本語表記。入力画面もイラスト入りでわかりやすく簡潔にまとめられています。慣れれば5分程度で測定できます。

3.ARで反射状況をチェック


情報を入力してから屋根の上にリフレクさんを置くと、周囲の反射状況をARで見渡して確認できます。 緑色で表示される部分には反射光が入射する恐れがあり(住人がまぶしく感じる恐れがあり)、黄色→赤と色が変わるにつれてより長時間反射光が入射する恐れがあります。
反射状況の詳細を知りたいときは4.の詳細確認に進みましょう。

4.反射状況を詳しく確認


ARチェック中に写真を撮影して窓枠を指定すると、測定中の屋根面から周囲の窓への反射状況を詳しく確認できます。1日単位1年間の反射光の状況を10秒足らずでグラフに出力。グラフの縦軸が月日、横軸が時刻となっており、夜間はグレー、日中は水色、反射光が入射する時間帯(パネルがまぶしく見える時間帯)を赤と緑で表示します。反射光が水平あるいは下から差し込み、よりまぶしく見える時間帯が赤くなります。
状況を確認するだけでなく施主様や隣人様への説明に説得力を発揮します。

5.丁寧なマニュアルを同梱


フルカラー20ページの日本語マニュアルを同梱。詳しく丁寧に使い方を解説しています。建築/太陽光発電業界に携わっている方ならどなたでもすぐに使いこなせます。

 

6.インターネットの情報を活用

屋根の方位をgoogleマップの情報から取得可能。図面のない家屋でも正確な方位を取得できます。(方位磁石や電子コンパスは精度が低いので使わないでください)また、マニュアルやサポートも常に最新の情報を本体から閲覧できます。

7.買ってすぐに使えます

センサー類を慎重に調整・チェックした専用スマートフォンを組み込み済み。また、専用スマートフォンには約3週間使えるプリペイドのSIMカードが入っています。購入したその日からすぐに使えます。
(継続利用には任意の携帯電話会社とのデータ通信SIMカードのご契約をお勧めします。月々500円程度の費用です。)

8.安心の開発・出荷体制

計算の中心部分については、経験を積んだ技術者が2チームに分かれて同じ処理プログラムを2種類開発。双方の出力結果を突き合わせて違いがないことを確認し、処理の確実性を高めています。
また、実地テストを繰り返して検証しているほか、ハードウェアの慎重な調整とチェックを行い、センサー類に問題ないことを確認した後に出荷しております。

※リフレクさんは現在特許出願中です。

9.貴社名入り施主様向けチラシを無料提供(期間限定)


2017年3月末日までにリフレクさんをお求め頂いた企業様には、貴社名が入った施主様向け解説チラシを無料で500部ご用意。反射光の問題にしっかり取り組まれている貴社の信頼を施主様にアピールできます。(○○○○の部分に貴社名が入ります)貴社名やご住所の変更だけでなく、文章の一部やユニフォームの色なども修正が可能です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

リフレクさんの詳細仕様

リフレクさんのご購入はこちら

2016年11月29日