反射光調査代行サービス


太陽光パネル・鋼板屋根・ビル外壁などによる反射光のトラブルが起きることがあります。反射光の近隣への影響を事前にシミュレーション調査し、トラブルを防ぐためのアドバイスをさせていただくサービスです。
(太陽光パネルによる反射トラブルの解説ページ)

専門知識を持った弊社スタッフが、反射光の調査に伺います。ご自宅に太陽光パネルを設置する個人の方、弊社測定器リフレクさんを使用する時間を持てない企業様、そしてリフレクさんでは測定できない案件を調査したい企業様が対象です。

報告書のサンプル(PDF形式)

反射光による裁判事例の調査レポート1(PDF形式)

反射光による裁判事例の調査レポート2(PDF形式)

反射光の問題について

2つの問題

太陽光が太陽光パネルなどに反射して近隣住居に差し込む場合「まぶしさ」と「暑さ」の2点が問題となります。

1.まぶしさ
反射光のまぶしさを不快に感じることがあります。まぶしくてカーテンを閉めざるをえない(眺望を楽しめなくなる)等、住環境を悪化させます。

2.暑さ
反射光のために住居が熱くなり、冷房費用が増えたり最悪住民の健康被害を招くことがあります。

太陽光パネルの場合、反射率は高くても10〜20%程度ですので、2の影響は少なく1が問題になるケースがほとんどです。

社会背景

反射光による問題はCASBEE(建築物の環境性能評価システム)の評価項目の一つになっています。しかし、反射物の設置について国による明確な基準はありません。また、反射光に対する印象は各個人の感じ方やライフスタイルによって異なるため判断が難しく、その結果としてトラブルが起きやすいと言えます。

調査できる対象

調査代行では次の表の〇がついた調査が可能です。反射面は太陽光パネル・鋼板屋根・ビル外壁いずれにも対応します。予測調査とは施工前に反射光を予測することです。現況調査とは施工後に調査することです。(反射先の窓の制限はありません)

反射元の屋根やパネルのタイプ 予測調査 現況調査
既築住宅
新築住宅(未着工)
1寸5分勾配未満の屋根
野立て・陸屋根の太陽光パネル
大規模倉庫・体育館などの屋根
ビルの外壁

調査の特徴

調査の手順

調査事例

調査代行のお問い合わせ

資料請求・お問い合わせフォーム(24時間以内に返答しております)

2017年02月07日